学費支援制度

国の奨学金 日本学生支援機構

制度について

本校に在学し、勉学態度良好であり、経済的に学費を補う必要のある者に対し、日本学生支援機構から奨学金の貸与が受けられます。

給付型奨学金
国の高等教育における修学支援新制度のひとつとして返還義務のない奨学金として支給されます。給付奨学生として採用されると、同時に入学金、授業料減免の支援を受けることができます。
第一種奨学金(無利息)
毎月自宅通学者に対し53,000円、自宅外通学者に対して60,000円の貸与、又は20,000円、30,000円、40,000円、50,000円(自宅外のみ)の貸与が採用時から卒業するまでの期間受けられます。返済期間は、奨学金を受けた最終月の7ヶ月後から9年〜20年以内。(月賦方式)
第二種奨学金(利息有)
月額2万円〜12万円(1万円単位・11段階)の中から選択して申し込めます。在学中は無利息、卒業後年利3%を上限とする利息がつきます。返済期間は、奨学金を受けた最終月の7ヶ月後から9年〜20年以内。(月賦方式)
申込者の資格・出願資格
  1. 本校に在学する者
  2. 勉学するにあたって、学資金の援助を必要とする者。
  3. 学生にふさわしい態度や行動をとり、将来良識ある社会人となり得る者。
申請手続
  1. 毎年4月に学内にて募集要項を提示。
  2. 本校の奨学金担当者が手続き要項について希望者に詳細説明を行います。
  3. 提出された申請書類をもとに、日本学生支援機構に奨学生適格者として推薦。
  4. 日本学生支援機構では、全出願者のうち適格度の高い者から奨学生として採用を決定。
募集時期
  • 在学採用(本校入学後の申し込み)
    本校入学後に奨学生の募集を行います。奨学生を希望する方は、当校の奨学金担当窓口に申し出てください。高等学校での予約採用で不採用になった方も、再度申し込みができます。(※申し込みが集中した場合、全員が採用されるとは限りません。なるべく入学前の予約採用の申し込みをお願いします)
貸与期間
標準修学年限
返済方法
月賦、または月賦と半年年賦併用により返済
必要書類
  1. 奨学金申込書
  2. 連帯保証人の印鑑証明書、又は保証依頼書
  3. 保護者の源泉徴収票、又は確定申告書の写し
予約採用
日本学生支援機構の奨学金には高校在学中に申込みができる『予約採用』があります。
  • 募集時期/高校3年生の4月下旬~5月下旬(第1回)、6月上旬~6月下旬(第2回)
  • 申込先/在学している高等学校
  • 申請手続/在学している高校の奨学金担当者にお問い合せください。
  • 詳細な日程は必ず在学している高等学校に確認してください。
  • 予約奨学生に決定された方、もしくは申請中の方は「九美学費分納プラン」に申し込むことができます。

 

上記の他、給付型の奨学金もございます。詳しい情報は日本学生支援機構のホームページをご覧ください

日本学生支援機構ホームページ
http://www.jasso.go.jp

その他の支援制度